興信所 費用 福岡

浮気調査に必要な期間

浮気調査に必要な期間は、平均で3〜4日かかるといわれています。しかしこれはあくまでも一般的なケースです。普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあり得ます。それとは逆に、この日は浮気しそうだという日があらかじめ分かっているなら、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。探偵に頼んで浮気の証拠が掴めます。浮気を疑われる様子を相手が見せた場合、とにかく自分で証拠を集めようとします。でも、浮気の証拠を自分だけで手に入れるとなると、自分の行動が相手に見つかってしまう事もなきにしもあらずです。なぜでしょう。答えは簡単で、相手があなたの顔を知っているからです。探偵に浮気の調査を要請して、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。信頼のできなくなったパートナーと一生を共にするのは相当な心の重荷になりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料の支払いが課せられれば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。興信所と探偵事務所の違うところですが、変わりはほとんど無いと言ってもよろしいでしょう。興信所も探偵事務所も、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような仕事内容は類似しています。でも、違いがあるとしたら、依頼は、企業や団体は興信所に、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。探偵が浮気調査する時でも失敗することがないことはないのです。探偵が浮気をはじめとした調査の達人だといっても、成功しないことが全くないとは言えません。尾行対象がある日突然、車や電車で移動したり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。もしくは、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には証拠を掴みきれません。レシートとかクレジットカードを見ると浮気の証拠をおさえる事もできる可能性があります。まず、普段は利用しないようなよくコンビニエンスストアのレシートを見かけることが多くなったら、その周辺に普段から行っている事になります。そこで見続けていると、浮気の現場を現行犯で見つけられるかもしれません。同一電話番号との連絡を取っていたりその電話番号に掛けていたりしたらその電話の相手が浮気相手という確率はある程度間違いないと思われます。その後、その電話番号の持ち主を割り出せますね。そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、電話での連絡を浮気相手ととったのちには着信や発信の履歴を必ず消すということも忘れずに行っているということもあります。もし浮気をする曜日、時間がはっきりしているのならば、ぞの分の調査期間を必要としなくなるため、調査代金はその分安くなるのです。だからといって、浮気の日時を把握していても、知人に相談して証拠を撮ってきてもらうにしても、ほとんど駄目でしょう。気づかれずに写真撮影を行うにはプロの探偵に調査してもらうのがベストなのです。不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいになる場合もあります。離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、金額は低いです。また、不倫相手の方が不倫を認めない時には証拠が必要になります。第三者からみても明白な浮気の証拠が必要です。不倫問題を相談したいと思うなら弁護士に相談するようにしましょう。婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのか考えてから相談しましょう。それに、不倫の証拠を掴みたいと考えている場合には、探偵や興信所に相談しましょう。女性の場合だと、近所の奥さんや友人を相談相手にしてしまう人も多いものですが、噂の対象になりたくないのであれば、絶対にいけません。